小泉ゆりの人間コンドーム(DMC−17)

2005年3月発売




 ここにコメントを書くのは久しぶりです。ここ数年というもの会員ページの構築に非常に忙しかったというのが原因ですが、
もともとコンスタントに物を書くのが嫌な性分だし、いまは自分で書かないといけないので、余計筆が進まない
原因だったりします。ブログなんていうものは私には無理でしょう(笑

 さて、この作品は発売以来賛否両論で、どちらかというと「やりすぎ」という声が多いようです。
掲示板もないせいか、オフィシャルなオピニオンというものがないので、こういう作品には必要かもしれないとは
思っていたのですが、一年も書かなかったので、ことこの作品に関しては、値段の高さもあり、ネガティブな
イメージをお持ちの方も多いのかもしれません。

 もともと、この作品は最初からこういうイメージを持っていたのではなく、小泉ゆりという変態プレイ耐性の非常に強い、
しかもマゾではないので独特の蛇のようなしつこさがない、稀有な女優の発見から始まりました。
倉沢七海さんですらそうだったのですが、ザーメンプレイを過度にやって、なおかつマゾ願望の強い女性の場合、
男の無茶な破滅的プレイを受け入れることによって自己犠牲願望と男の願望も両方満たそうという意志が働くのか、
「すこし自分の意思とはちがっても男が喜ぶなら受けいれよう」という意思が働いて、
べたっとしたオーラをまとうようになります。
妖怪とは言いませんが、これが進むと蛇のようなべったりした不気味なオーラが漂ってしまい、
普通の男優なんかは空気を読む敏感な方が多いので、オーラに負けて勃起しなくなったりします。

 よくぶっかけやゴックンを大量にこなした女優で、長いキャリアを持ちながらMキャラに変わり、
SM系の作品に出ているような女優なんかは、なんとパッケージからそういうオーラを感じることがあります。
ここまで調教が進むと普通の生活では刃傷沙汰になりかねないので、このレベルまでの調教は私はしません。
 倉沢さんの場合もそういうい危惧を少し感じていたのですが・・・

 もっとも、プレイとしては私はこういう人に慣れてしまったので、そういう妖気に取り付かれた奴隷を
別の次元に連れて行ったり、引き戻したりするのが大好きではあります。一番おいしいのは入り口に立っている人ですが(笑)

 ところが、不思議なことに小泉ゆりにはあれだけのプレイをすでにこなしていながら、この妖気が一切なかったのです。
どんなプレイをしても常に、明るいさっぱりした雰囲気を身にまとい、なんと現場で一目ぼれしたファンが非常に多い。
生まれ持った気質だと思うのですが、これが彼女が出演したDMC-15の評判が非常によい理由でしょう。
 現実世界でのなまなましさが少し消えて、マンガ的なさっぱり感がある女優でした。

 話がそれましたが、小泉ゆりさんと現場で会った素人男優経験のある一般の方(A君としましょう)が、彼女を使ってくれ、
とメールをくれたのがそもそもの始まりでした。
ところが撮影してみると、上記のようなすごい女優で、却って私の想像を強烈に掻き立てました。

「これは、ものすごいものができるかもしれない」

SFD-03の撮影時にそのように直感したのです。そしてその撮影時から、ファンのA君を現場に呼び、ノーギャラで
最初に発射させて、すぐ帰ってもらいました。
 かわいそうなようですが、彼の小泉ゆりへの思い入れを欲求不満として、半年間溜め込んで一気にぶつけてやろうと、
そのときに思いついたのです。
その日から、小泉ゆりを「変態性欲に燃えて溜まりに溜まったファン」の精液で全身を満たそう。風呂は無理、というより
頭の先から目玉、胃袋の隅から隅まで漬け込んで一日中放置してやろう。という人間コンドーム計画は始まったのです。
したがってそれからSFD-03、ZGD-07、DMC-15という一連の作品は、小泉ゆりの耐性をだんだん高めていって、最後に
彼女が耐え切れないぐらいのすごい漬け込みを行い、さらにファンの欲求不満を極限まで高めるための
前フリ作となったのです。
ですから、この作品は単体で見ると変な奇をてらったような作品ですが、最初から通して見ると、DVDでは特典で
収録していますが、この間のいろいろな私とA君の欲求不満、変態性欲の高まりが最後に爆発した、という作品です。

 そのような半年間の長い長いザーメン責めプレイの完結編である、という事を感じていただきたかったのと、
こういうのをファンの皆さんが自立的に感じていただけるほどの作品になった、という自負があり、
何も言わなかったというのもありますが、やはりそこまでの力は私にはなく(笑、
作品の奇抜さばかりが目だった、ネガティブなリアクションになってしまいました(笑

 A君は、私の無理な指示に従ってくれ、なにも知らないまま、4月から小泉ゆりでオナニーした精液を、ティッシュに
ださずにビンに溜めてもらいました。
なにも知らされていないので、ただの変態行為です。しかも、他の奔放なオナニーは禁止。現場では一発発射だけで
あこがれのゆりちゃんと話もさせてもらえず、すぐ帰らされる。
自らリクエストしたのに、まったく満たされず、ギャラすらでないのにこの地獄のような仕打ちに耐えることで、
彼の変態妄想はどんどんエスカレートしていきました。

一例を紹介しますと・・・
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<ザーメンプレイ内容>
・容器に鼻と口を付けてシンナーを吸うようにザーメンの臭いを3分間嗅ぐ
(容器の周りを手で押さえ、容器が曇るように思いっきり鼻からザーメンの臭いを嗅ぐ)
・ゆっくりと口に入れてぶくぶくうがい、ガラガラうがい
→容器にザーメンを戻す。
※数回繰り返す
・鼻からすすって口に溜める。(ザーメンが鼻水のように垂れるように)
→容器にザーメンを戻す。
・手のひらにザーメンを溜める
・手のひらのザーメンに、ゆりちゃんとオレの陰毛を入れる。
(予め、ゆりちゃんに陰毛をたくさん用意してもらいます。)
・すすってもらい、ヨダレと混ぜながらネバスペゴックン
(途中、ザーメン洗顔しながら顔に陰毛がくっつくように)

というのはいかがでしょうか?
ゆりちゃんがオレのザーメンと陰毛にまみれる姿を間近で見たいです!
ご検討ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 ほかにももっとスカトロなどに行ってしまったものもありますが、もはや正常な恋愛感情ではありません(笑
これが、DMC-17には必要だったのです。しかも、これを受け止めることの出来る女優は小泉ゆりしかいませんでした。
彼女も引退作との覚悟を決め、「最後にいけるところまで行きます」という意気込みで、DMC-15、17の撮影に
臨んでくれました。本当に感謝しています。

 問題はA君です。4月〜8月までの4ヶ月にわたるボトリング作業は、溜めに溜めた濃いザーメンだけで、毎日ではなく、
数日おきに行われ、都合90発ちかい特濃精液が溜まりました。彼が正確に数えなかったの数はもう少し多いと思います。
これをどう使うか教えられたのは、DMC-17撮影当日です。作品そのものは、単純なので、スタッフ、男優のみなさんには
「ぶっかけ祭り」として和んでもらうことにしました。

 で、実は、A君の100発では足りないかもしれない、という危惧があったのと、ほかにもファンの方がいらしたので、
A君同様ボトリング作業をしていただきました(笑
それが、冒頭から出てくるペットボトルザーメンの嵐です。DMC-15でも出てきましたね(笑
あれは、早まった男優の方が溜めたけど、2週間冷蔵しただけなので少し腐ってしまい、困って持ってきてしまったのです。
それを知らずに現場でゆりちゃんは飲んでしまった、というわけです。つまり「腐ったザーメンゴックン」は事故だったのです(爆

さて、私の指示で、というか、私自身も30発ほど精液をボトリングしていたのですが(笑、ならんだ精液のビンの山。

あなたなら、どう使いますか?

風呂、というのはあまりに短絡的です。絵にならない絵です。しかも、その後ムダにこぼすのが目に見えています。
間違ったら、量が足りずにしょぼい絵になります。おしっこでも足すのでしょうか?とんちんかんな企画になりますね。

ここから、思いつきの妄想を書き込むだけでお金も制作も人任せの人と、
数百万の自分のお金を使って、現実を見据えてそれを回収しつつ撮影をしなければならない製作者の
違いが出てきます。

私の答えは、この作品です。あなたなら、どう使うでしょうか?

毎日眺めながら、なんでもOKの女優を思い浮かべて、何ヶ月も妄想してください。
妄想がゆき過ぎると、オナニーして自己嫌悪に陥って、終わりになってしまいますね。
この作品にネガティブな人は、そういう気持ちなのだと思います。


なにはともあれ、この撮影は実は非常にうまくいきましたが、一点だけミスがありました。
スタジオは十分広かったのですが、眼射の部分で裸も見えず、込んでいたので、発射ができずに
最前列で壁になった男優たちがいました。この一部の人間がうまくはけなかったので、
後ろがつっかえて前に進めません。気楽にしようとスタッフも少なめにしていたので、
撮影中にそれに気づくことが出来ませんでした。

発射がうまくいかないのに、目を開けたまま眼射されているゆりちゃんを、20分も
30分もそのままにじっとさせておくわけには行きません。
一旦できるだけ多くの人間を前に出して、途中で発射を遮ってマスクをしてもらうプレイに
移行しました。あの部分で少し冗長なのはそういう経緯があったのですが、
作品的にはちょうどよい長さです。

しかしながら、問題は撮影後に、そのとき後ろでつっかえて発射できなかった一部の男優から
ブーイングが出てしまったのです。
祭りだからと気楽に来て頂いていたので、確かに気持ちはわかりますが、その一部のミスのために
ゆりさんを目にザーメンを入れたまま、さらにザーメンが透明になってしまうまで放っておくわけにも
行きませんでしたので、申し訳ないのですが、私としては苦渋の決断でした。

 その人たちも発射できていれば、もう少し発射数も増えたかと思い、残念でなりません。

なにはともあれ、この作品で半年に及ぶ女優のザーメン漬けという作品は終了しました。

 最初に戻りますが、私は作品はどうあれ、確固たる自分のアイデアがあり、女優の同意のもと
(嘘をついてぶっかけたり、レイプしたりしてはいけませんよ)、それを実現できる環境が
あるのなら、やりすぎでもよいと思っています。同じ境遇にない、他人の無責任なブレーキに
従う必要などないのです。それこそ大きなお世話です。
大体人間の思いつくことなど、私がやらなくても、誰かがいずれやるのでしょうから。

 それよりもなによりも、あのタイミングで、あの女優と、あのA君の気持ちがあったら、
徹底的に昇華すべきだと思い、それにたいして全力を傾けたまでです。
マニアック作品の追求という、milky-catの姿勢として
目の前に最高の素材があって手を抜かなければいけない理由があるのでしょうか?

私としては、一本の作品単体ではなく、この作品に至る数ヶ月の調教の仕上げ、と感じていただきたいと思っています。

「この作品は、やりすぎです。ここまでやる必要は、ありません」というメールも何通か、頂きました。
過去のリアクションとは明らかに変容しています。望んでいないお客様がおられるのです。
私の意志に違いはありませんが、次の作品はよりよいもので、そのためにきちんと売り上げを
出さなければならない、というメーカーの存在としては、すこし問題があるかもしれません。
お客様の望まないものを作っても、売り上げにつながらない=製作者のわがままでしかないからです。

96年ごろからセルビデオはマニアック作品から安売り王販路の拡大に伴って、どんどんライトな企画、
パクリ競争になり、ついには目新しい企画がなくなって結局は女優の別で売り上げを左右する
時代になっています。レンタル時代の終末頃に、近づいているような気もします。
 確かにそれでよいのです、昔からエログロと言って、行き過ぎたエロはグロテスクになってイメージを悪くし、
商売にならなくなる、と言われていました。それに、過度に行き過ぎた企画は、お客様の拒否反応を起こすだけでなく、
嘘をついて女優を呼んでザーメン物に仕立てたり、最悪は性感染症の感染や、女優の身体の破壊にまでつながります。

 そんなことをしてもハードコア日本一、程度で、たいした売り上げが出るわけではありませんし、モザイクがある限り、
ダウ一部上場までしている欧米の超巨大アダルトメーカーと争えるレベルにまで達することはないでしょう。
だったら、一般受けする商材に徹したほうが、素人に近い監督が頭を必要以上に使うことなく、事務所のクレーム
などのリスクも減らせて、かわいい子もあがってくる、安く上がれば商品も安くできる。企業のイメージもよくなる。
それならそのほうがよいと考えます。それではやっていけないという危機感が無用な争いを生むのだとも思いますが・・・
 まったく、経営というのは難しくて頭がいたいことばかりです。大手の方々には頭が下がります。

一つ変わらないのは、セルビデオはマニアックなものである、という事だと思っています。
中身が当たり障りなければ、安ければ安いほどよいし、DLで十分なのですから、高いお金を払う必要はないでしょう。
 エロDVDにお金を払う必要がない、という空気は、飽和を示しています。より細分化したというサインです。
あるいは、景気がよくなってきたことを示すサインです。経済の好況は、アングラ経済の不況につながるようです。
こうなるとタダでも持っていかれなくなってきます。一部ジャンルなんかは、そういう状況のようです。
 しかしエロはなくならないし、相場は行き過ぎるものです。とはいえ0より下はありません。
反対に0から上に天井はありません。一度反転したら、次の行き過ぎはかなりのレベルに達すると私は考えています。

 それで、よりコアなファンのために、ショートな作品も気楽にDLで楽しめて、ゴミもでない、世界中から閲覧できる、
会員ページに力を入れることにしました。日本の方は抜き差しを見るとまだまだ喜ぶ方が多いのですが、
実は海外の方はそういうのに飽きているので、モザイクがあってもmilky-catを好まれる方が多いのです。
そういうわけで、この撮影は実は2003年です。2004年からは他の撮影もあってかなり忙しくなってしまい、
大問題がおきました。
あまりに撮影素材が多すぎて、モザイクが追いつかなくなってきたのです。

はたして全部リリースできるんでしょうか?DMC18が今ころ(2006/7月)出るくらいですから、
まだまだ道のりは遠そうです・・・
けっしてもったいぶっているわけではありません。100本以上のチンチンは多すぎるんです(笑


<ぶっかけデータ>

脚射・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5発
胸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・33発
舌上・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14発
眼射・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・65発
冷凍ザーメン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・28発
ザーメンペットボトル4本・・・・・・100発(一本あたり約25発)
変態ファンの4ヶ月貯蔵ザーメン・・・・・・・・・・・86発

総計124人340発